研究業績

研究業績について年代順に一覧として示しています。

《2017》————————————————————

  • 北中英明、椿美智子、宮本侑弥、『営業員の営業活動に関する認識に対するテキストマイニングによる分析』、経営情報学会、2017年春季全国研究発表大会、2017.3.9-10(3/10)、法政大学 市ヶ谷キャンパス
  • 北中英明、『法人営業・営業員の特性別要因による分類』、経営経理研究(拓殖大学紀要)、Vol.112、2018/3、pp.257-277
  • 北中英明・香坂千佳子・伊藤宗彦、『ホテル利用客の満足度に対するテキストマイニングによる分析』、経営情報学会、2018年春季全国研究発表大会、2018.3.8-9(3/9)、筑波大学 東京キャンパス

《2016》————————————————————

  • 北中英明、『インターネット時代の新しいマーケティング–情報技術の進展とデジタルマーケティング』、経営経理研究(拓殖大学紀要)、Vol.106、2016/3、pp.423-452
  • Hideaki Kitanaka, Yoshiki Matsui, Osam Sato, “An analysis of Relationship among Stakeholders’ Involvement and Front End Process in New Product Development,” The 6th International Symposium on Operations Management and Strategy 2016 (ISOMS 2016), 2016.6.10-12(6/12), Kobe University
  • Hideaki Kitanaka, Yoshiki Matsui, Osam Sato, “An Analysis of the Effect of Implementing the Fuzzy Front End Process on New Product Development Success – A Multi Group Analysis Approach by Industry,” The 5th World Conference on Production and Operations Management (P&OM 2016), 2016.9.6-10(9/8), Havana International Conference Center
  • 北中英明、椿美智子、宮本侑弥、『サービスとしての営業活動における成功要因の分析』、経営情報学会、2016年秋季全国研究発表大会、2016.9.15-16(9/16)、立命館大学 大阪いばらきキャンパス
  • 宮本侑弥、椿美智子、北中英明、『サービスとしての営業スキルネットワーク分析』、経営情報学会、2016年秋季全国研究発表大会、2016.9.15-16(9/16)、立命館大学 大阪いばらきキャンパス

《2015》————————————————————

  • 北中英明、『消費者への情報伝播におけるマスメディア起点情報と消費者のインターネット上の情報検索行動の関係についての分析』、経営情報学会 2015年春季全国研究発表大会、日本大学、2015/5/31
  • Hideaki Kitanaka, Yoshiki Matsui, Osam sato, “An Assessment of Influence of Mass Media Oriented Information on Consumers’ Information Retrieval Activities on the Internet,” Decision Sciences Institute 2015(46th) Annual Meeting, Seattle, USA, 2015/11/21
  • 北中英明、『消費者の情報発信行動に影響を及ぼす要因についての分析』、経営情報学会 2015年秋季全国研究発表大会、沖縄コンベンションセンター、2015/11/29

《2014》————————————————————

  • 北中英明、『サービス・エンカウンターにおける従業員に対する評価と顧客満足度の関係の分析』、経営情報学会 2014年春季全国研究発表大会、青山学院大学、2014/6/1
  • Keiko Toya and Hideaki Kitanaka, “Value co-creation model for sustainability,” AMA SERVSIG 2014, Thessaloniki, GREECE, June 15, 2014
  • 北中英明、松井美樹、佐藤修、『イノベーションと顧客満足度の関係についての分析』、オペレーションズ・マネジメント&ストラテジー学会(JOMSA)第6回全国研究発表大会、拓殖大学、2014.6.7
  • Hideaki Katakana, Yoshiki Matsui, and Osam Sato, “A Study of Relationship among Customer Evaluation for Employees, Customer Satisfaction, and Customer Behavioral Intentions in Service Encounter,”APDSI-ICOSCM-ISOMS 2014, Yokohama National University, 2014.07.21
  • 北中英明、『従業員評価、顧客満足度、ならびに顧客ロイヤルティの関係に関する顧客属性別分析』、経営情報学会 2014年秋季全国研究発表大会、新潟国際情報大学、2014/10/25
  • Hideaki Kitanaka, Yoshiki Matsui, Osam sato, “How Customers’ Image and Evaluation of a Company Influence Customer Satisfaction and Customer Behavioral Intentions,” Decision Sciences Institute 2014(45th) Annual Meeting, Tampa, USA, 2014/11/22
  • Osam sato, Yoshiki Matsui, Hideaki Kitanaka, Yutaka Ueda, Tomoaki Shimada, “Effect of information systems on project performance in new product development,” Decision Sciences Institute 2014(45th) Annual Meeting, Tampa, USA, 2014/11/23

《2013》————————————————————

  • 木戸茂、北中英明、中村仁也、鈴木暁、『マルチエージェント・ベースの広告伝播モデル研究<4>』、日本マーケティング・サイエンス学会 第93回研究大会、2013/6/9
  • Hideaki Kitanaka, Keiko Toya, “Determinant Factors of Customers’ Behavioral Intentions in Financial Service Encounters,” The 35th ISMS Marketing Science Conference, July 11-13, 2013(7/12), Istanbul, Turkey
    (Özyeğin University School of Economics and Administrative Services)
  • 北中英明、戸谷圭子、鈴木暁、「サービス接触手段と顧客の行動意図への影響要因の関係について」、『経営情報学会 2013年秋季全国研究発表大会 予稿集』、2013/10/27 流通科学大学
  • Hideaki Kitanaka, Yoshiki Matsui, Osam sato, Yutaka Ueda, Tomoaki Shimada, Odkhishig Ganbold, “The Impact of Innovation and Continuous Improvement on Customer Satisfaction: Synergistic or Substitutional Relationship?,” Decision Sciences Institute 2013(44th) Annual Meeting, Baltimore, USA, 2013/11/16
  • Osam sato, Yoshiki Matsui, Hideaki Kitanaka, Yutaka Ueda, Tomoaki Shimada, Odkhishig Ganbold, “The Effect of Top Management Leadership and Continuous Improvement on Customer Satisfaction: An Empirical Study of Manufacturing Companies,” Decision Sciences Institute 2013(44th) Annual Meeting, Baltimore, USA, 2013/11/16

《2012》————————————————————

  • Hideaki Kitanaka, Yoshiki Matsui, and Osam Sato, “An analysis of key determinant factors for new product development performance: A Multi Group analysis across three industries,” The 2nd International Symposium on Operations Management and Strategy 2012 (ISOMS 2012), November 10 -11, 2012(11/11), Aoyama Gakuin University, Tokyo Japan
  • Kitanaka, H, Matsui, Y, Sato, O, and Shimada, T (2012), “New product development and its interface functions of changes: An analysis of key determinant factors for new product development performance,” The proceeding of the 4th World Conference P&OM, Amsterdam (the University of Amsterdam), 2012/7 2-4(7/4)、ISBN: 9789491621000
  • Osam Sato1, Yoshiki Matsui2, Tomoaki Shimada3, Hideaki Kitanaka4, Yutaka Ueda, “Supplier integration and its impact on operational performance: moderating effect of product configuration, “Proceedings of the Asia Pacific Conference on Information Management, 2012, pp.1-8

《2011》————————————————————

  • 木戸茂、北中英明、鈴木暁、中村仁也、小川孔輔、「TV広告の突発的な現象が広告想起に与えた影響」、日本マーケティング・サイエンス学会 第90回研究大会、2011/12/3
  • Hideaki Kitanaka, Kido Shigeru, Suzuki Akira and Jinya Nakamura, “How Soon Consumers forget Advertising Messages? :A Study of the impact of TV Advertisements’ Blank Period due to the 2011 Tsunami and Consumers’ Recall of TV Commercials,” Decision Sciences Institute 2011 Annual Meeting, Boston, USA, 2011/11/21
  • Effect of Operational Capability to SCM Success: Rivisited, DSI,Osam Sato, Yoshiki Matsui, Tomoaki Shimada, Hideaki Kitanaka
    北中英明、鈴木暁、木戸茂、中村仁也、「外的要因によるテレビ広告出稿量の減少と生活者の広告想起について」、『経営情報学会 2011年秋季全国研究発表大会 予稿集』、愛媛大学、2011/10/30
  • 鈴木暁・木戸茂・中村仁也・北中英明、「MASによる広告伝播モデル研究〈3〉~広告想起にいたる広告接触回数分布の組み込み~」、日本マーケティング・サイエンス学会 第89回研究大会、2011/6/19

《2010》————————————————————

  • 北中 英明、「消費者間相互作用のPR効果が消費者のブランド購買考慮に及ぼす影響について」、『拓殖大学 経営経理研究』、第90号、1-30頁、2010/12
  • 中村仁也・木戸茂・鈴木暁・北中英明、「情報の受発信メカニズムを組み込んだ Multi-Agent-Systemによる広告伝播モデル」、日本マーケティング・サイエンス学会 第88回研究大会、2010/11/27
  • Hideaki Kitanaka, Kido Shigeru, Suzuki Akira and Jinya Nakamura, “A study on How Consumers’ Receive and Send Products’ Information under the Multiple Communication Media Environment,” Decision Sciences Institute 2010 Annual Meeting, San Diego, USA, 2010/11/21
  • 北中英明・木戸茂・鈴木暁・中村仁也、「生活者の対面コミュニケーションにより生成されるソーシャル・インフルエンスについての一考察」、『経営情報学会 2010年秋期全国研究発表大会 予稿集』、2010/11/6
  • 北中英明・木戸茂・鈴木暁・中村仁也、「個人の情報発信行動に影響する要因についての考察」、『経営情報学会 2010年春期全国研究発表大会 予稿集』、2010/6/5
  • Hideaki Kitanaka, Kido Shigeru, Suzuki Akira and Jinya Nakamura, “A Study on Products’ Information Spread to Consumers and Three Communication Modes”, 2010 INFORMS Marketing Science Conference, Koeln, 2010/6/17
  • Osam Sato, Yoshiki Matsui, Hideaki Kitanaka, Tomoaki Shimada, “THE IMPACT OF INFORMATION TECHNOLOGY ON LEAN MANUFACTURING: AN INTERNATIONAL COMPARISON,” JOMSA

《2009》————————————————————

  • 北中英明・木戸茂・鈴木暁・中村仁也、「消費者の広告想起と購買意図の形成における消費者間相互作用の影響について」、日本マーケティング・サイエンス学会 第86回研究大会、2009/12
  • Hideaki Kitanaka, “A Study on the Effect of WOM Communication Under Crossmedia Advertising,” Decision Sciences Institute 2009 Annual Meeting, New Orleans, USA, 2009/11
  • Hideaki Kitanaka, Kido Shigeru, Suzuki Akira and Jinya Nakamura, “The PR Effect of Consumers’ Interaction and its Impact on Consumers’ Brand Consideration,” COMPLEX 2009, Tokyo, 2009/11
  • Osam Sato, Yoshiki Matsui and Hideaki Kitanaka, “INFORMATION SYSTEMS IMPLEMENTATION IN FACTORIES: SIMILARITY AND DIFFERENCE OF INTEGRATION OF FUNCIONS,” The Journal of Japanese Operations Management and Strategy, Vol. 1, No. 1, pp.47-64, 2009
  • 北中英明、『プレステップ経営学』、弘文堂、2009年6月
  • 北中英明・木戸茂、「広告計画モデルの歴史」「広告効果のシミュレーション・モデル」、ビデオリサーチ編、『広告効果の科学』、日本経済新聞出版社、2009、253-278ページ

《2008》————————————————————

  • 上田忠雄・北中英明、「人工社会を用いた家電量販店市場の簡易予測手法検討」、『経営情報学会 2008年春期全国研究発表大会 予稿集』、2008年6月

《2007》————————————————————

  • 北中英明、「イノベーションの普及と社会ネットワーク構造に関するエージェント・ベース・アプローチによる考察(Diffusion of Strategic Innovation and Social Network Structure-
  • A Discussion Using Agent Based Approach)」、『拓殖大学 経営経理研究』、第81号、2007年12月、27-63ページ
  • 木戸茂・北中英明、「広告効果のシミュレーション・モデル(1)」、『日経広告研究所報』、2007、235号、pp.54-60
  • 北中英明・木戸茂、「広告効果のシミュレーション・モデル(2)」、『日経広告研究所報』、2007、236号、pp.65-70
  • 福中慧・北中英明・徐春暉・柴直樹、「ネットワーク外部性をもつ製品における広告戦略の分析」、『経営情報学会2007年度秋期全国研究大会 予稿集』、pp.506-509、2007/11
  • Hideaki Kitanaka, “Mobile SNS in Japan”in Information Systems in Japan: Research and Practices (Invited Panel Discussion), Decision Sciences Institute 2007 Annual Meeting, Phoenix Arizona, USA, 2007/11

《2006》————————————————————

  • Yoshiki Matsui, Hideaki Kitanaka, Osamu Sato, Chi Anh Phan, “Back to Basics in Japanese Manufacturing”, Decision Sciences Institute 2006 Annual Meeting, San Antonio TX, USA, 2006/11
  • 北中英明・柴直樹、「消費者間相互作用における多階層性についての一考察」、『経営情報学会 2006年春期全国研究発表大会 予稿集』、2006年6月、338-341ページ
  • Hideaki Kitanaka and Naoki Shiba, “Analyzing the Effect of Consumers’ Interaction in Purchasing New Products Using Agent-based Approach,” INFORMS 2006 Marketing Science Conference, Pittsburgh, USA, 2006/6

《2005》————————————————————

  • Yoshiki Matsui, Hideaki Kitanaka, Osamu Sato, “New Development of Manufacturing Management in Japan”, Decision Sciences Institute 2005 Annual Meeting, San Francisco LA, USA, 2005/11
  • 北中英明・柴直樹、「エージェント・アプローチによる消費財市場における新製品普及プロセスについての考察」、『経営情報学会 2005年秋期全国研究発表大会 予稿集』、2005年11月、98-101ページ
  • Hideaki Kitanaka, Naoki Shiba, and Hirokazu Tanaka, “Analyzing the Effect of New Product Development Using an Agent Based Consumer Behavior Model – An Application to the Sanitary Products Market in Japan,” The First World Congress of the International Federation for Systems Research (IFSR 2005), Kobe, 2005/11
  • 柴直樹・北中英明、「エージェントベースアプローチによる消費財市場における新製品浸透のモデル」、『経営情報学会 2005年秋期全国研究発表大会 予稿集』、2005年11月、94-97ページ
  • Naoki Shiba, Hideaki Kitanaka, and Hirokazu Tanaka, “An agent-based model for analyzing product penetration for consumer goods,” The First World Congress of the International Federation for Systems Research (IFSR 2005), 2005/11
  • 北中英明、『複雑系マーケティング入門』、共立出版、2005年3月

《2004》————————————————————

  • 北中英明・高田朝子・横田絵理、「ビジネス教育におけるエージェント・ベースト・アプローチの教育的効果についての予備的一考察」、『経営行動科学』、第17巻第3号、2004年11月、101-114ページ
  • Yoshiki Matsui, Roberto Filippini, Hideaki Kitanaka, Osam Sato, “An Empirical Analysis on New Product Development Performance Revisited: Comparison Between Italian and Japanese Manufacturing Companies”, Decision Sciences Institute 2004 Annual Meeting, Boston MA, USA, 2004/11
  • Yoshiki Matsui, Roberto Filippini, Hideaki Kitanaka, Osam Sato, “A Comparative Analysis of New Product Development: Impact of Practices, Process, Strategy and Capabilities on Performance in Italian and Japanese Manufacturing Companies”, 9th Annual Meeting of the Asia Pacific Region of the DSI, Seoul, Korea, 2004/7
  • Yoshiki Matsui, Roberto Filippini, Hideaki Kitanaka, Osam Sato, “How is New Product Development Performance determined in Italian and Japanese Manufacturing Companies?”, EUROMA 2004, INSEAD, Fontainebleau, France, 2004/6
  • 北中英明、「パーソナル・フロンティア拡大時代の新しいマーケティング」、日本システムインテグレーション協会 第47回定例講演会、2004年5月

《2003》————————————————————

  • Yoshiki Matsui, Roberto Filippini, Hideaki Kitanaka, Osam Sato, “An Empirical Analysis on New Product Development Performance in Japanese and Italian Manufacturing Companies,” Decision Sciences Institute 2003 Annual Meeting, Washington DC, USA, 2003/11
  • J. P. Shim, Raj Sharman, Eldon Li, Yoshiki Matsui, Osam Sato, Hideaki Kitanaka, Ernst Bekkering, “Invited Panel Session: Current State of Usage and Applications of Mobile Commerce in Various Countries,” Decision Sciences Institute 2003 Annual Meeting, Washington DC, USA, 2003/11
  • 高田朝子・横田絵理・北中英明、「エージェント・ベースト・アプローチのビジネス教育における可能性の検討」、『経営情報学会 2003年秋期全国研究発表大会 予稿集』、2003年11月、114-117ページ
  • Osam Sato, Yoshiki Matsui, & Hideaki Kitanaka, “Is Flexible Development Really Important to Japanese Manufacturing?”, Joint Conference of POMS and EurOMA, Como Lake, Italy, 2003/6
  • Matsui, Yoshiki, Hideaki Kitanaka, and Osam Sato, “Comparative Analysis of New Product Development Performance”, POM 2003, Georgia, USA, 2003/4
    松井美樹・北中英明、「製造企業における新製品開発の日伊比較」、『生産管理学会第17回全国大会予稿集』、2003年3月、63-66ページ
  • Matsui, Yoshiki, Hideaki Kitanaka, and Osam Sato, “Determinants of New Product Development Performance in Japanese Manufacturing Companies,” Proceedings of the Fourth International Conference on Operations and Quantitative Management, Tainan, Taiwan, 2003/1, pp.62-69

《2002》————————————————————

  • 佐藤修・松井美樹・北中英明、「CASEのSEへの貢献についての実証研究」、『経営情報学会 2002年秋期全国研究発表大会 予稿集』、2002年11月、332-335ページ
  • 松井美樹・北中英明、「わが国製造企業の新製品開発成果」、『生産管理学会第16回全国大会予稿集』、2002年8月、311-314ページ

《2001》————————————————————

  • 北中英明、「e-マーケティング講座」、『平成12年度文部科学省「産学連携による専修学校高度職業人育成総合プロジェクト」』、eビジネスマネジメント教育開発委員会、2001年4月
  • 北中英明(共訳、17章(pp.484-512)担当)、ドーン・イアコブッチ編著、奥村昭博/岸本義之監訳、『マーケティング戦略論』、2001年、ダイヤモンド社

《2000》————————————————————

  • Kitanaka, Hideaki, Michiya Morita, and E.. James Flynn, “Speed Competence for D-SMES: Time to Profitable Production,” Proceedings of the First World Conference on Production and Operations Management, Sevilla, Spain, 2000/8
  • Morita, Michiya, Hideaki Kitanaka, Peter Milling, Uwe Schwellbach, and Jorn-Henrik Thun, “Linking Speed Competence and Short Product Life Cycle”, Proceedings of the First World Conference on Production and Operations Management, Sevilla, Spain, 2000/8

《1999》————————————————————

  • 北中英明、「ネットワーク社会における企業経営とオートポイエーシス論-I」、『拓殖大学 経営経理研究』、第63号、1999年12月、77-102ページ
  • 北中英明・森田道也、「リンケージ経営とコミュニケーション・システム」、『経営情報学会 1999年秋期全国研究発表大会 予稿集』、1999年11月、255-258ページ
  • Guimaraes, Tor, Osamu Sato and Hideaki Kitanaka, “Comparing U.S. & Japanese Companies on Competitive Intelligence, IS Support, and Business Change,” Journal of Global Information Management, Vol.7, No.3, July-Sept 1999, pp.41-49
  • 北中英明、「マーケティングの新展開」、『企業診断』、Vol.46 No.5、1999年4月、80-85ページ

《1998》————————————————————

  • 北中英明、「社会科学における研究方法について」、『拓殖大学 経営経理研究』、第61号、1998年12月、181-203ページ
  • 北中英明、「ネットワーク社会における企業」、『拓殖大学 経営経理研究』、第60号、1998年6月、105-131ページ

《1996》————————————————————

  • Kitanaka, Hideaki, Yutaka Ueda and Osam Sato, “E-mail Diffusion and its Determinant Factors in Organizations: Empirical Study on E-mail Usage in Japanese Companies,” 『オフィス・オートメーション』、Vol.17、No.4-2、1996年11月、201-204ページ

《1995》————————————————————

  • 北中英明(翻訳)、「選択的アウトソーシング:成功の条件」、ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス、Oct.-Nov. 1995、1995年10月、97-107ページ
  • 北中英明、「電子メールの普及と組織への影響:その研究枠組み」、『オフィス・オートメーション』、Vol.16、No.2-2、1995年6月、78-81ページ
  • 北中英明(共著)、「情報サービス産業白書・1995年度版」、1995年、コンピュータ・エージ社

《1994》————————————————————

  • 佐藤修・北中英明、「情報技術の進展と今後の企業経営」、『東京経大学会誌』、188号、1994年9月、51-62ページ

《1992》————————————————————

  • 北中英明、「企業組織のダウンサイジング」、『企業診断』、Vol.39、No.12、1992年12月、28-32ページ

《1990》————————————————————

  • 北中英明(共訳)、「経営ハンドブック」、日本能率協会、1990年